金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

外国からの商品の輸入の時の外貨でのお金の収益の話や外貨と円の仕組みを理解する事などを書いてみました。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

外貨でのお金の利益の話

外貨を資産運用に利用する方法としては、日本国内で外国為替証拠金取引のFXで運用することや、外貨関係の投資信託や外貨預金などが思い浮かびますが、私も以前、外国からの輸入の仕事をしていた期間があり、それで外貨には馴染みがあるのですが、毎年の決算の時に、必ず円高差益が数十万円も出ていました。ただ海外の商品を輸入するだけで特にFXなどで運用したのではないのですが、いつの間にか利益が出ていました。最初は不思議に思いましたが当然のことで、その逆もあるのですからその時は運が良かったのでしょう。またその関連ですが、為替レートが有利な時に代金の支払いをする方法も学びました。お金が動くということは、それだけで利益も出る場合もあるのです。

日本の円が、その国の通貨よりも強かったということですが、外貨とはそのような仕組みになっていて、それをうまく利用できれば、思った以上の利益が出ます。その利益の出方はFXや外貨預金と同じ仕組みなのですが、やはり外貨の魅力は、そのような為替レートで利益が出るということだと思います。個人輸入でもそうですが、タイミングが大切で、海外の商品を円高の時に購入できれば、安く手に入れることが出来ますし、海外旅行などでも、円高の時に行くと安く旅行が出来ます。それは今では誰でも知っていますが、そのような外貨の知恵は学んでおいて損はありません。特にこれからは、インターネットでいくらでも外貨関係のチャンスはありますから理解しておくと有利でしょう。

人気のお金の情報はここのホームページでチェックしてみてください★

  • FX情報を提供しているので、取引に役立ちます。