金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

外貨預金で自分のお金を運用するためのメリットなどをいくつかの考え方から、為替などを含めて書いて見ました。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

お金を運用する外貨預金のメリット

お金を増やす場合には、以前は国内の定期預金などがおもでしたが、最近ではインターネットの銀行などで運用したりする外貨預金などが注目されています。特に為替レートなどに詳しい人とか、興味がある人、また学びたい人などは、外貨預金は最初の初心者用の手がけやすい商品だと思います、また今までのような不景気と異常なまた理不尽な円高から、正当な状態に回復した為替レートなどを見ると、これから変化もするでしょうが、大きな激変はないのではないかと思います。また日本経済自体も東京オリンピックや消費税の値上げなどがあり、それなりに安定して発展していくのではないかと思います。そうなると日本円だけでの資産運用ではなく、外貨を含めた資産運用は絶対に必要な方法となります。

そのためにも少しでも海外の経済や、外貨になれておくためにも外貨預金は絶好のチャンスであり、現実的にも今まで高かった外貨の手数料も驚くほど安くなってきましたので、いつでもはじめられるということになります。積み立てることも出来ますし、為替の動向を見ながら円高の時に外貨預金をまとめて預金することも出来ます。預金ですので安全性も高く、昔のような為替変動のリスクもあまりないように思えます。今はドルに対して100円弱ぐらいですからちょうど良いところではないかとも思っています。いずれにしろ庶民の預金としては、特にインターネット関係の外貨預金はねらい目だと思います。