金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

高金利や分散投資といった、外貨を保有するメリットを十分に生かしてお金を増やしていきましょう。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

外貨の運用でお金を増やす

外貨を保有するメリットは非常に大きいと言えます。まずは金利が円よりも高い通貨が多いからです。オーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランドなどの資源国通貨はすでに高金利になっており、アメリカドルも今後は金利の上昇が見込めます。一方で、円は金利の上昇があまり見込めません。日本経済の成長が期待できないからです。金利はただ保有しているだけで貰えるわけですから、特に何も考える必要はありません。とても楽に資産を増やしていくことができます。

もうひとつのメリットは資産の分散が簡単にできることです。株式ですと、最低購入額が高い銘柄をたくさん買うことはなかなかできません。しかし、外貨は少額から買うことができます。したがって、多くの通貨に簡単に投資することができます。分散の仕方としては円の預貯金はしながらも、アメリカドルの割合を多くし、次にユーロ、オーストラリアドル、他の通貨は少なくするかあるいは保有しなくても良いでしょう。アメリカドルは発行量が多く、多くの取引に利用されるために常に需要があります。したがって、大きく下落する可能性が低い通貨です。ですので、多めに保有するべきでしょう。オーストラリアドルや南アフリカランドは高金利ではありますが、国の規模が小さいですので、値動きが荒く、リスクは高目になっています。したがって、脇役として保有するべきでしょう。

外貨預金で外貨を運用する方法がありますが、FXという方法もあります。自分にあった方法でお金を増やしていきましょう。

人気のお金の情報はここのホームページでチェックしてみてください★