金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

将来、インフレになってくるとお金を持っているだけは価値が下がるため、今から外貨に投資しておくと資産が守れます。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

インフレ対策のためにお金を外貨資産に移行を

日本ではインフレターゲットを2%として、日銀が金融政策を実行している状況があります。これまではデフレ経済が長く続いていただけにお金を持ってさえいれば、価値が上がる状態がありました。しかし、デフレからインフレに変わっていくとなると、そのままお金を持っていたのでは価値が目減りすることになってきます。したがって、今からインフレに備えた資産運用をしていくことが重要です。今後も日銀では、インフレに持っていくために量的金融緩和を実施していくことになります。量的金融緩和を行うと為替市場では円安となることから、今は外貨投資が有効な選択肢となっています。外貨資産を保有していれば、円安となっても資産価値は上昇することに繋がります。

外貨資産を保有する時には、多くの国の通貨をバランス良く購入した方がリスクが少なくなります。例えば、ある国で経済危機が起こったとしても、他の多くの国の外貨資産を持っていれば、資産に大きな影響を受けることは避けられます。とはいえ、現在は新興国よりも先進国の外貨を多めに持っておいた方が良さそうです。アメリカでは大規模な金融緩和を継続してきましたが、近くに緩和を縮小させる動きが出てくる見方があります。アメリカが金融緩和を縮小させると、一斉に新興国の通貨は価値が下落していくことが予想されます。そのため、インドやインドネシアなどの新興国通貨の保有比率は少なめにしたいです。逆にアメリカでは景気回復が見込めるために、ドル資産はとくに多くしたいところです。

人気のお金の情報はここのホームページでチェックしてみてください★