金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

外貨運用はシンプルで誰にでも出来る資産運用です。円とバランス良く保有して、お金を増やしていきましょう。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

お金を増やすには、外貨運用を

資産運用のひとつの方法として、外貨を買うという選択肢があります。株式や不動産といった金融商品よりもシンプルであることから、誰にでも手軽に出来る方法です。お金を増やす有効な手段です。円高になれば、為替差益を得ることができますし、金利も日本円よりは高い通貨がほとんどです。

外貨を運用する手段には、まずは外貨預金があります。今では扱っている通貨の種類が多く、手数料も安くなっており、ネット銀行でも取り扱っています。定期預金にすれば金利が高く付きますし、満期時に為替差損があっても、外貨普通預金に自動的に切り替えることができますので、為替差益が出るまで待つこともできます。あとはFXという方法もあります。FXはレバレッジ取引ができる上、手数料などのコストが外貨預金よりも格安で済みます。また、スワップ金利を毎日受け取ることができます。レバレッジは高すぎるとリスクが上がりますが、低くしておけば、外貨預金と同じように安全に運用することができます。通貨の種類も多く、24時間取引ができることもFXの大きなメリットです。

もちろん、外貨運用にはリスクは伴います。しかし、円だけを保有していても円安の際にはメリットを受けることはできません。また、金利もほとんど付きません。ですから、外貨を保有しないことがリスクと考えても良いでしょう。もちろん、分散投資をするべきですから、円と外貨のバランスを考えて保有すべきです。円高になったら外貨を買い、円安になったら円に戻すようにして、バランスを保てば良いでしょう。

人気のお金の情報はここのホームページでチェックしてみてください★