金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

日銀による金融緩和政策から為替市場で円安傾向が続きそうなので、今のお金を外貨資産に変えておきたいところです。

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加
金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

金融緩和の本格化でお金を外貨資産にしていく必要性が増加

日本では4月に日銀による大規模な金融緩和を実行していくことが発表されています。今後、2年間で市場に出回っているマネーを2倍に増やす計画が打ち出されています。また、来年の消費税の増税を睨んで、景気が鈍化してしまわないように追加の金融緩和を行う可能性も残されています。そうした環境があることから、為替市場では円安トレンドが出てきています。日銀による金融緩和が進むことで、相対的に日本円の価値が落ちていることが原因としてあります。金融緩和が行われると今、保有しているお金というのは、そのままの状態だと価値が下がることになります。そのため、現在は保有資産を外貨資産に変えていく必要性が高まっていると言えます。外貨資産を保有していれば、為替市場で円安となったとしても保有資産は価値が上がることになってきます。今後、しばらくは為替市場で円安トレンドが継続する可能性が高いことから、ドルやユーロなどの外貨投資をしておいた方が良さそうです。

外貨資産を保有するには、いくつかの方法が存在しています。まず、銀行で取り扱っている外貨預金があります。外貨預金は通貨によっては、高い利回りも期待できるようになります。また、外貨預金の特徴としては海外旅行などで外国通貨が必要な場合には、ドルやユーロ紙幣として預金を引き出すことが可能となっていることが挙げられます。ただし、外貨預金は取引手数料が他の金融商品に比べて高めになっている点には注意したいです。次に証券会社などで取り扱っている外貨建ての債券があります。外貨建ての債券は、特定の国の安全性の高い債券への投資を実施しているため、リスクを抑えた金融商品となっています。また、リスクを抑えた金融商品としては、海外向けの不動産投資信託を購入する方法があります。海外の不動産を投資対象としているため、安定した利回りを確保することが可能となります。さらに外貨への投資としては、FXを活用する方法があります。FX取引で外貨の買いポジションを持つことで、手数料を安くして外貨投資が実行できます。